英語の学習で成果がでない人が最優先で実践すべき最初の学習ステップ

英語の勉強法

英語の勉強で成果が出ない人は今までの勉強法を見直しましょう

英語を勉強しても、全然習得できない・・・話せないどころか、英文を読み解くことも難しい・・・といった悩みはありませんか?

数年間勉強しても、英語が上達した実感がない・・・という方は、誤った方法で勉強をしている可能性が高く、
今までの自分の勉強法は本当に効率が良い方法なのか?をもう一度見直すと良いでしょう。

  • 偏った方法で勉強していないか?(発音だけやるなど)
  • 文法を習得せず次のステップに進んでいないか?
  • 英語の基礎を習得しないまま英会話をしようとしていないか?

など・・・特に偏った勉強の仕方をすると、あなたの英語力はめちゃくちゃになってしまいます。
まずは今までの自分の勉強法を見直してみることから始めましょう。
英語の勉強法

文法なんて覚える必要がない!はウソ。英語ペラペラになるなら文法は避けて通れません

英語がペラペラな日本人は、スタートから「文法をマスターすること」を徹底しています。
あるいは無意識で「文法を覚えること」を実践しているはずです。
英語を知らない日本人が文法を覚えずに英語を話せるようになる。というのは100%無理です。
なぜなら、文法は、言い換えると「言葉のルール」だからです。ルールがなくなると世の中は収拾がつかなくなります。
まずはルールを覚えること、そこから独自の学習法を取り入れてください。

文法を勉強しないとこうなる!

わかりやすいように例を出します。
例えば・・・

I like beer very much.(私はビールが超好きです)

という英語の単文があったとします。これを、文法の勉強をしっかり行わずにいると・・・

I much very beer like???(私はとてもビールがマッチです???)

といっためちゃくちゃな文章になってしまう。何となく「私とビール」について言っている、
というのはわかりますが、これでは意味が伝わりません。

このように

  • 自分で英文を組み立てられない
  • 英語を間違っても気づけない
  • 文法をわかっていないから、英語の理解に時間がかかる

といった事態になります。
文法の習得

まずは「文法の習得」を英語学習に取り込みましょう

英語学習で成果が出ない方は、もう一度自分の文法力に問題がないか?を見直し、学習の中に最優先で「文法習得」を取り入れてください。
文法と聞くとややこしくて、見るだけでやる気が削がれますが・・・
この「ややこしい」と思うところがポイントで、
ややこしいところを克服できれば、あなたの英語習得スピードは一気に向上するはずです。

文法は英語に必要な4つのスキル、読む、書く、聞く、話すのすべての土台になります。
文法という土台ができあがることで、

  • 英語の聞き取りがスムーズになる
  • 英語を覚えやすくなる
  • 聞き取れなかったことも、頭の中で補填できるようになる
  • 応用力が身につく(学習した英単語を使いこなせるようになる

など、驚きの効果が期待できます。

英語の土台

まとめ

「基礎文法の学習を改めて見直す」ことの重要性について今回は説明しました。
学校で学んでいる文法は無駄ではありません。中高6年間で覚えたことは是非有効活用し、習得のための近道を見つける参考にしてください。

日本人にとって英語の文法は難しいですし、最初は覚えるのが辛いことでしょう。
でも、その辛い時期を越えれば、そのあとの学習は確実にスムーズになりますし、
スムーズになれば英語学習は一段と楽しくなり、習得スピードがアップし、ある日ペラペラな自分に気づくことでしょう。
外国人と話せるようになること、海外へ行くこと、ペラペラな自分を想像すること…
などでモチベーションを維持しつつ勉強を頑張ってください。
今日はここまで。
良い週末を楽しんでください。Have a wonderful weekend!

『僕が英語を話せるようになった秘訣とは?』

僕は今、「英語で自分の満足する仕事」だけを行い、幸せな毎日を送っています。職業は、英語シェアハウス運営、英会話講師、留学生サポートです。
日本語ばかり話した失敗海外生活。また、英語を話すことのみに執着し、成功を手に入れた海外生活。両方を経験した僕だから伝えられることが、きっとあるはず!それらが、一人でも多くの方たちのお役に立てればうれしいです。

関連記事

  1. 祝・職業訓練の英語講師就任♪

  2. ひとりで英語の勉強が続かなくて苦しんでるあなたへ

  3. 住人の声を大切にしよう☆

  4. 大分EN-JING|ハイモチベーションは英語上達の近道

  5. Prakash先生、鮮烈デビュー!!

  6. 英単語ってどうやって憶えるの?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧