英語レッスン開始!どんなことしているの?

英語シェアハウスEN-JINGヨシキヨです。

シェアハウスでの英語レッスン、ついに開始しました\(^o^)/

APU留学生のPrakash先生と僕が力を合わせ、シェアハウスを選んでくれたみんなの英語力を上げてみせます!!

今日はその授業内容の一部を簡単にお伝えさせてもらいます。

準備中はほどよい緊張感

kincho

初回は少し緊張しますよね。

僕も前日、

「レッスン楽しんでもらえるだろうか?」

「どう伝えたら、もっと理解が深まるだろうか?」

緊張気味に身の引き締まる思いでした。

シェアハウスのみんなも、初レッスンを緊張の面持ちで迎えたのでした。

ただですね、目がキラキラしてました☆

君たちなら大丈夫。

シェアハウスの仲間たちと、気楽に、楽しみながら、英語を身につけて行こう♪

自己紹介と目標設定

goal02

シェアハウスの初授業でも、やはり、最初に行うのは自己紹介でした。

もちろん英語で!

「名前」「ニックネーム」「出身地」「趣味」「大好きなもの」の5項目。

緊張しながらも、しっかり伝えることができました。

Everybody, good job!

しかも、ムービー撮られていましたからね。

そりゃ、緊張もするよね(笑)

でも、これにも意味があるんです。

シェアハウスに入居したばかりの自分と3カ月後、半年後の自分の状況を比べて、成長を実感してほしいんです。

「あっ、俺、前よりスムーズに話せるようになってる」

「私、こんな表現もできるようになったんだ」

それを感じることができれば、引き続き学ぶためのモチベーションが急上昇しますからね。

ちなみに、Prakash先生は、学習中の日本語で自己紹介してもらいました(笑)

どっちが、早くうまくなるかな?(^^)

そして、次に目標設定!

やっぱり、ただ漠然と勉強してもゴールが見えないと、何をすればいいのかわからなくなります。

書いてもらった目標は、それぞれの部屋のドアに貼ってもらいました。

毎日必ず目にするでしょ?

そうすれば、常に目標意識できますよね?

初心忘れるべからず

毎日少しずつゴールを目指して頑張りましょう!

表現する力を身につけよう☆

expression

僕らのレッスンは、とにかく、たくさん「話す」「読む」「聞く」

表現する力を強化するためのレッスンを行っています。

その理由は、

日本人は表現することが一番大きな課題だから

当たり前の答えですいません。

でも、これが事実なんです。

実は、日本の中学・高校で習う英語は結構すばらしいものなんです。

だから、中学・高校で憶えた単語や文法があれば、なかなかハイレベルな英会話を楽しむことができるんです。

しかし、なぜ、会話ができないのか、その理由は、

アウトプット(表現)の経験が絶対的に足りないからです。

こんな経験ありませんか?

「なんとなく言ってることはわかるけど、返答ができない」

そうなんです。

多くの人が学生時代の学習経験が身付いていて、聞くことはまあまあ理解できるんです。

そう、あのしんどかった受験勉強の経験は無駄じゃなかったんです!

だったら、あとは、その憶えたことを表現する機会をたくさん作れば、間違いなく成長できますよ。

だから、「話して」「読んで」「聞いて」表現する力を養っていく、これが成長の王道ですね。

今日はここまで。

続きは、また次回(^^ゞ

See you!

 

関連記事

  1. 本気で英語学習始めた時って?

  2. 英単語を憶えることの重要性!

  3. 海外に1年間留学して、英語ちっとも話せなかった俺から学べ!

  4. シェアハウス英語レッスン始めます

  5. 英語が成長しないと悩んでいるあなたへ

  6. 大分EN-JING|英会話も「基本あっての応用」です!

ブログ一覧