英語を全く話せなかった僕がペラペラになった2つの実践

英語を成功させた3つの実践

僕も昔は英語を話せませんでした。

大分で英語シェアハウスEN-JINGを経営する僕も、学生の頃は英語が全然ダメでした。
そんな僕がどうして、英語が大好きになり、ここまで上達することが出来たのか?
今日は

  • 英語を話せるまでに実践した2つのこと
  • 「英語が通じる!」と実感した特別な日

以上の2点についてお話します。
英語が苦手、全然うまくならない!と悩んでいる方も、この記事を読んで少しでも元気づけられればと思います。
英語を話せるようになるまで

学生時代は1年間の海外留学も!でも全く英語が上達しなかった・・・

僕の初めての海外留学はニュージーランドのオークランドと呼ばれる地。
そこで1年間、語学学校へ通いました。
この1年間、僕は重大なある勘違いをしていました。この勘違いのおかげで英語は全く上達せずに帰国してしまったのです。

  • 1年間で英語がぺらぺらになる
  • 海外にいれば1年間で自然と英語は身に付く

以上の勘違いから、いつも日本語ばかり使って、1年間、努力しなかったのです。
英語が話せない悩み

海外留学の失敗から学んだたった1つの教訓

留学前に勘違いしていた僕は、帰国してから、やっと気づいたのです。

海外にいるだけではダメ。英語は努力しなきゃ、自然には身につかない

ということに。

僕は初めての海外留学で日本人の友達と暮らし、英語を使う努力もしませんでした。
いつも日本語ばかり使い、努力しないやつに英語がうまくなるなんて不可能です。

これっぽっちも英語を話せない僕は、友人にかけられる言葉がつらかった。

「スゴイ!1年も海外で生活してたから英語ペラペラになったよ」

このとき、友人の言葉はつらかったですが、
世の中は甘くないんだ、結局努力した分だけ、自分に跳ね返ってくるんだ!
という教訓を得ました。

英語がダメダメだった僕を変えた2つの実践

僕はこのままだとダメだ!と自分の情けなさを強く感じました。
英語に本気で取り組む!
そう決意したのです。
英語を成功させた3つの実践

続けることを決して諦めない

継続は力なり。
このことを強く意識せずにはいられませんでした。

  • とにかく、たくさん憶えて、たくさん話す。
  • 自分が憶えていない高校レベルの単語や文法は徹底的にインプット。
  • ただ憶えるだけではなく、その憶えたことを使う機会も、自ら増やした。
    (週1回、アメリカ人の先生との英会話教室に参加)

どんなことでも、続けること、諦めないこと、ムリ!って言わないこと、それをモットーに英語の学習に取り組みました。
諦めずに努力する人は、その努力が周りに伝わり、周りも応援してくれます。
すると、更にヤル気がわいて、一生懸命になれる!素晴らしい循環と相乗効果の中、僕は継続して努力しました。

英語が使えるようになった自分を試す、という挑戦

日々の努力で僕は英語がかなり上達しました。自信もかなりついてきた時期です。
でも、その上達具合は、まだまだ自分の目標には届かず。
そこで更に上を目指すための成長したい!挑戦したい!という強い意欲がグングンと湧いてきたのです。

僕は思いきって行動しました。
普段、石橋を叩いて渡る性格の僕が、海外(今回の場合、オーストラリア)へはパスポートとスーツケースのみでチャレンジしようという、ある意味、無謀な思いつきを実行したのでした。
「人間やらなきゃいけない状況に追い込まれれば、逃げずに挑戦する自分に出会えるはずだ」
という思いを確信に変えるために。

そして、ニュージーランド留学生活の後悔から1年後、
僕はホントにパスポートとスーツケースのみで、オーストラリアシドニーに旅立ったのでした。
シドニーへの旅立ち

英語が使える自分を見つめ直すことで、自信が生まれ、意識改革に

知り合いもコネクションも何もないシドニーという地に放たれました。
英語の自信は着いたものの、いきなり外国で一人というのは、かなりの緊張がありました。
シドニーに着いてから、まずは住むところを。
住まい

空港のカウンターのお姉さんの英語が理解できた!

空港のカウンターのお姉さんに
「とりあえず、1週間くらい滞在できる安い宿、捜してるんですけど」
すると、お姉さんは、「向こうのボードにそういう宿泊先、たくさん載ってるから、自分で電話しな」と・・・
やはり、何もかも自分でやらなきゃいけない。
でも・・・
お姉さんの英語は理解できた!

早速ピンチ!空港のお姉さんに従って電話を

えっ、電話?僕は少し慌てました。
実は英語学習者の方たちならわかると思いますが、この電話が意外と曲者。
英語初心者にとって

  • 表情が見えない
  • 相手の声が電話越しで曇る
  • 理解するのが対面よりもわかりづらくパニックになる

電話の場合、上記のような人が英語初心者には多いのです。
でも、僕に選択肢はなかった。
生きるために、ガンガン電話を掛けました。
英語で電話

「英語が通じる!」と実感した特別な日。英語で電話ができる自分がいた

相手の言っていることがわかる、さらに、向こうも僕の言うことを理解し、意思疎通ができている。しかも、面と向かって話すよりハードルの高い電話で!
その時、今まで実感したことがない、
「自分、英語でコミュニケーション取れてる」
という不思議な感覚に襲われたのです。
なんて言えばいいかな?そう、「俺の英語通じてる!」という感覚です。

この時、初めて「自分の英語は世界で通じる!」という実感とこれまでの努力が報われたという喜びに浸ったのでした。
ここから先は、自分を信じて努力を続ければ、きっと英語を話せるようになるという確信を持つことができました。

できない!と思わず、できる!と思える瞬間を増やすことが大事

僕は相手と意思疎通できることに、努力の成果を感じました。
無鉄砲な挑戦も、結果的にやってよかった!と思えました。
英語を勉強してて良かった!と。
みなさんも、「わたしの英語、成長しているのかな?」と不安に感じることもあると思います。
でも、いつかきっと、そんな思いをブレイクスルーできる日がやってきます。
日々、努力することを忘れず、英語を楽しんでください♪
未来は明るい・・・間違いないです!
今日はココまで。
よい一日を。
Have a nice day!

『僕が英語を話せるようになった秘訣とは?』

僕は今、「英語で自分の満足する仕事」だけを行い、幸せな毎日を送っています。職業は、英語シェアハウス運営、英会話講師、留学生サポートです。
日本語ばかり話した失敗海外生活。また、英語を話すことのみに執着し、成功を手に入れた海外生活。両方を経験した僕だから伝えられることが、きっとあるはず!それらが、一人でも多くの方たちのお役に立てればうれしいです。

英語学習

関連記事

  1. 大分EN-JING|職業訓練英語レッスン開始!

  2. 大分EN-JING|英語シェアハウスでの成果はいかに?

  3. 本気で英語学習始めた時って?

  4. 大分EN-JING|教え方ひとつで英語へのヤル気が変わる!?…

  5. 大分EN-JING|シェアハウスで英語どのくらいうまくなった…

  6. 大分EN-JING|シェアハウスで英語がうまくなるための第一…

ブログ一覧