シェアハウスのご近所付き合い♪

EN-JINGヨシキヨです。

事業も本格的に走り出したので、今日でニックネーム卒業です。

あらためて、よろしくお願いしますm(__)m

さて、今日は英語シェアハウスのご近所付き合いについてお話しします。

古き良き昭和のお付合いを、シェアハウスは生み出すことができるんです♪

ひと昔前のシェアハウスのイメージ

old

2000年代初め、シェアハウスは、ご近所さんにあんまり歓迎されてなかったんよ。

正直、「なにそれ?聞いたことないし??」

って感じで、オーナーさんから物件を借りる時も、なかなか理解してもらえなかったんです。

特に、外国人がいっしょに住むんですと伝えるだけで・・・

「それはコワイ!!危険だし、何されるかわからない!!!英語もしゃべれないし(-_-;)」

みなさん、こんなイメージをお持ちで、外国人が住むならダメってよく言われたものです(T_T)

僕は最初こう思ってたんよ。

先入観だけで、マイナスイメージ持つってどうなの?

もう少し、しっかり向き合って、外国人やシェアハウスを見てくれない?

もちろん、先入観もあったんだけど、それだけではない、シェアハウスの負の実態も存在したわけです。

シェアハウスは嫌われる?

no

じゃあ、どんなことがあったのか?まず・・・

外国人は文化も習慣も違う

彼らは、悪気なく彼らの国の習慣にしたがって行動する。

しかも、話す言葉も日本語じゃない、英語(-_-;)

すると・・・

日本の常識ではありえないことをやってしまう(-_-;)

お国柄なんだけど、

時間におおらかだったり

ホームパーティーで夜遅くまで親睦深めたり

それを見たご近所さんたちは、

けしからん!!

となるわけです。

そりゃそうだよね。

誰かが日本の習慣やルールをおしえてあげれば、たいがいの人は守れると思うんだけどな。

それと、外国人だけじゃなくて、日本人にもいろいろと問題があった。

例えば・・・

あいさつをしない(-_-;)

ゴミ捨てルールを守らない(-_-;)

外国人といっしょに騒ぐ(-_-;)

など、近隣の方たちから見れば、もっと、シャキッとしてくれよ若者たちと取られてしまう・・・

だから、シェアハウス = けしからん人たちの集まり

ってイメージを多くの方に持たれてしまったんですね。

ただね、ひとり暮らしの人の中にも、該当する人たくさんいるんだけどね。

いや、むしろ、そっちの方が多いかも(笑)

僕らの仲間は英語を学ぶ、一生懸命な人が多いんですけどね。

ご近所さんと交流しよう♪

sedaikouryu

まあ、気軽に笑顔で過ごせばいいんだよね。

朝は「おはようございます(^^)」

昼は「こんにちは(^^)」

夜は「こんばんは(^^)」

とあいさつする。

もちろん、日本語でも、英語でもOK!

っていうか、これって・・・

当たり前のことじゃねえ!?

あいさつしたり

重い荷物持ってたら手伝ってあげたり

夜遅くは大きな音がでないようにしたり

この心配りだけで、お互いの心が通い合い、よいお付き合いができるんじゃないでしょうか?

思いやり、心通い合う交流をしようぜ!

感謝されるシェアハウスへ

thanks

俺たちの英語シェアハウスEN-JINGもいっしょだな。

そのためには、まず・・・

俺がご近所さんと交流する

そりゃそうだよな。

管理者が住んでいる人たちに「ちゃんと近所付き合いしなよ」って言うだけで、本人は・・・

あいさつしない(-_-;)

そして、無関心(-_-;)

それじゃあ住人のみんなも・・・

我関せず(-_-;)

になちゃうよな。

だから、ハウスでご近所さんに会った時は、元気よくあいさつしてます♪

先日、近所のおじいちゃん、おばあちゃんにあいさつすると、すれ違ったあと・・・

「気持ちのイイ若者やね」

「いやあ、ほんと頼もしいは」

こんな感じで褒められると・・・

まんざらでもない

うれしいよな

気持ちイイよな

ご近所さん大事にしような

そしたら、時々、パーティーでちょっとにぎやかになり過ぎても・・・

楽しそうだな

まあ、いいコたちだから、たまには大目にみてやるか

ひとの気持ちって、そんなもんじゃない?(^^)

それと、ハウスリフォームも本格的に始まったんで、引越しのあいさつ回りしてきました。

あいさつのお品として、ゴミ袋持って行ったんよ。

だって、好み関係なく、みんな絶対に使ってくれそうじゃん。

そしたら・・・

「いいの持ってきてくれたねえ。助かるわ♪」

絶賛された\(^o^)/

俺たちのシェアハウスは滑り出し上々だな(^^)

今日はここまで。

楽しい週末を。

じゃあな。

『僕が英語を話せるようになった秘訣とは?』

僕は今、「英語で自分の満足する仕事」だけを行い、幸せな毎日を送っています。職業は、英語シェアハウス運営、英会話講師、留学生サポートです。
日本語ばかり話した失敗海外生活。また、英語を話すことのみに執着し、成功を手に入れた海外生活。両方を経験した僕だから伝えられることが、きっとあるはず!それらが、一人でも多くの方たちのお役に立てればうれしいです。

関連記事

  1. 満室御礼!選んでくれてありがとう☆

  2. 祝!初めての英語シェアハウス入居者

  3. 大分EN-JING|大学と仲良く支え合おう♪

  4. 大分英語シェアハウスEN-JINGパーティ

    英語シェアハウスEN-JINGのパーティ特集2016

  5. シェアハウスの歴史 in 日本

  6. 10月のシェアハウス国際交流イベント!

ブログ一覧