快適なシェア生活を送るための秘訣②

英語シェアハウスEN-JINGヨシキヨです。

今回は、「快適なシェア生活を送るための秘訣」第2弾です!

仲間たちと楽しく暮らすコツについてお話ししよう☆

シェアメイトと仲良くするには?

kokusaikouryu

人とのかかわり合いで基本中の基本、

コミュニケーションを大切に!!

まず、朝起きたら・・・

おはよう♪

仕事や学校から帰ってきたら・・・

ただいま♪

寝る時は・・・

おやすみ zzz

当たり前なんだけど、まずは、

あいさつ

大事にしてください。

それと、相手を・・・

思いやる

元気じゃない日は誰にでもあるもの。

声をかけて元気づけるのか?

そっと見守ってあげるのか?

そのあたりまで、相手を思いやれるようになったら『シェアの達人』やな(^^)

そして、いっしょに

ごはん食べたり

お酒飲んだり

外に遊びに行ったり

するのもイイね♪

「いっしょに」ってところがポイントだな。

仲良くなれば、気軽に英語も話せる♪

英語シェアハウス成功の大きなポイントです!

『シェア疲れ』って何?

tired

長く一緒に暮らしていると、

シェア疲れ

という一種の病気!?にかかることがあります。

なんでそんな病気になるの?理由は・・・

あなたが人一倍やさしいガンバリ屋さん

だからです。

シェアメイトたちに気を遣いすぎて疲れちゃったんですね。

そんな時、ときには・・・

「マイペースでいいじゃん!」

って自分に言い聞かせてください(^^)v

そして・・・

自分を一番大事にしてあげてください☆

しばらくすると、心に余裕ができて、またシェア生活が・・・

楽しい~♪

ってなってくるよ。

決して・・・

「私、シェアに向いてない(T_T)」

なんて悲観しないこと。

もう一度言うね。あなたは・・・

人一倍やさしいガンバリ屋さん

なんだからね(^^)

シェア生活に問題はつきもの?

fight

っていうか、シェア生活じゃなくても、どこでも人が集まれば、

大なり小なり、必ず問題は起きるもんよ

トラブルは・・・

すばらしいチャンス!

なんよ。

ためこんじゃダメ!

放置してると問題はドンドン大きくなっていく。

だから、問題が起きた時は・・・

トコトン話し合え

時には、

全体ミーティング

でスッキリするのもありよ。

話合いの後は・・・

酒を酌み交わせ

きっと、絆は深まっています\(^o^)/

新しい仲間を気持ち良く迎え入れる、おおらかな男女を目指せ!

welcome

英語シェアハウス運営していると、必ず起こる、ありえること。

長く住んでいればシェアメイトの入れ替わりがあります。

もちろん、初シェア生活ってひともいます。

あなたも入居する時、こんな気持ちじゃなかった?

『どんな人が住んでいるのだろう?』

『私、仲良くやっていけるかな?』

など・・・

期待と不安

が入り混じっていたよね。

新しいシェアメイトも同じ気持ち。

だから、もし、あなたがシェアハウスの先輩だったら、こんなことをやってほしい。

まず・・・

あなたから話しかける

そして・・・

歓迎会

を、ぜひ、開いてあげてください!

そして・・・

酒を酌み交わせ!

みんな、ハッピーになれるぜ!!

人が集まることのメリットに目を向けろ!

together

たしかに人が集まると問題も起こる。

ひとりのほうが気楽だな~って気持ちもわかる。

ただね、マチガイなく・・・

メリットの方がデメリットよりたくさんある

・いっしょに話せる

・いっしょに飲める

・いっしょに助け合える

・いっしょに遊べる

・いっしょに学べる

などなど、ひとりじゃできないことがたくさんできる

人が集まることのメリットに目を向けろ!!

今日はここまで。

楽しい週末を♪

じゃあな。

『僕が英語を話せるようになった秘訣とは?』

僕は今、「英語で自分の満足する仕事」だけを行い、幸せな毎日を送っています。職業は、英語シェアハウス運営、英会話講師、留学生サポートです。
日本語ばかり話した失敗海外生活。また、英語を話すことのみに執着し、成功を手に入れた海外生活。両方を経験した僕だから伝えられることが、きっとあるはず!それらが、一人でも多くの方たちのお役に立てればうれしいです。

関連記事

  1. 10月のシェアハウス国際交流イベント!

  2. 大分EN-JING|交流好きの人の特徴とは?

  3. 2016年のシェアハウスを振り返って

  4. 大分EN-JING|どのくらいシェアハウスで英語と触れあえる…

  5. ブログを学ぶ for 英語シェアハウス

  6. 大分EN-JING|KEI氏、厚生料理最高責任者として英語シ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ブログ一覧